忍者ブログ

東京の合コン・コンパ・デート 使えるエロイ店  このブログのはてなブックマーク 

東京における合コン・コンパ、勝負を仕掛ける際に 重宝できるエロイ店をご紹介。 高くてよい店は当たり前。 背伸びしたくて仕方ない20代男性に送る、 知ってるだけでも得する、エロイ店集。

December 18,2017

● [PR] このエントリーを含むはてなブックマーク 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。








↑   by at 14:10   このエントリーを含むはてなブックマーク  

May 30,2007

● 別亭 鳥茶屋   神楽坂 このエントリーを含むはてなブックマーク 

65111739.jpg

9b81534f.jpg

6a85f1a4.jpg

bea26328.jpg

4efd2104.jpg
合コン指数 :★★★★☆
デート指数 :★★★★☆
人気・知名度:★★★★★
美味度    :★★★★☆
エロさ    :★★★★☆
予算     :6,000円~8,000円程度
電話番号   :03-3260-6661

大きな地図で見る

「合コンや
            酒に染み入る
                            女子の声」

と、詠ったのは、かの有名な芭蕉である。
ワビサビの心を大事に全国で
コンパ行脚を行い、俳句を残した偉人である。

そんなことはどうでもいいのだが、
前回のかみくらに引き続き、
神楽坂の超有名店をご紹介しよう。


まず、鳥茶屋には本店と別邸がある。
大きな違いは店に入るまでの立地と雰囲気だろう。


本店は大通りに面している店で、まぁよくある料亭
という感じである。


それに比べこの別邸 鳥茶屋は、かみくらに負けじ劣らじ、
エロイ路地裏を入ったところにある。


芸者小路という二人すれ違えるかどうかの、狭い石畳の、
何回も折れ曲がった先の階段の途中にあるので、趣は抜群だ。
とりあえず、神楽坂っぽさは文句なしだろう。



この店の名物は二つある。
親子丼と”うどんすき”だ。


親子丼はランチ限定なので、
辞書に「終電」の文字などない夜行性の
諸君らには縁がない。


夜の部に出る、うどんすきは美味い。
天然の利尻昆布と極上のかつお節の効いた割り下は
さすが老舗だ。
また、うどんが見たこともないくらい激太だ。
きしめんどころではない。
だがそれに、汁がしみこんで、これまた美味い。


基本的に用意されているコースはうどん会席
なるものである。
最後にうどんすきが出てくるだけで、
ようは普通の会席なのだが、
うどんすき以外はごく普通である。


前菜でおなか一杯になってからうどんすきを
食べるよりも、空腹で頬張りたいので
筆者は次回からは、会席は頼まず、
つまみ程度とうどんすきのみで、勝負しようと思う。


中は個室が多い。
入り口からは想像ができないくらい広く、
数寄屋造りのエロイ店である。


最近の神楽坂ブームにより若い方も増えたとは思うが
夜は年配の方も多い。
もちろん大騒ぎする店ではない。
個室なら大人数もいいが、
とれないなら2対2のしっとりコンパ程度に抑えておくのが
マナーだろう。


ちなみに、この店も予約はめちゃくちゃとりずらい。
有名になりすぎた店である。

筆者もまだまだ知らない店がたくさんあるので
賛否両論ありそうだが、神楽坂入門として、
雰囲気重視ならかみくら
美味食事重視なら鳥茶屋、
というチョイスで問題ないのではなかろうか。


健闘を祈る。
食べログ.com

拍手[0回]

PR







神楽坂

↑   by ギネス at 23:32 | comments(0) | trackbacks(0)   このエントリーを含むはてなブックマーク  

May 14,2007

● かみくら 神楽坂 このエントリーを含むはてなブックマーク 

41edf35f.jpg

f64132db.jpg

9e2702f1.jpg

20536523.jpg

1f441ad1.jpg

c0968282.jpg
合コン指数 :★★★★★
デート指数 :★★★★☆
人気・知名度:★★★★★
美味度    :★★★☆☆
エロさ    :★★★★☆
予算     :6,000円~10,000円程度
電話番号   :03-3266-6613

大きな地図で見る

いま流行の神楽坂である。


昔はちょっと高級、というか、接待というイメージで、
あまり若者が夜な夜な遊びに繰り出す街ではなかった。


だが昨今、メディアを開けば神楽坂である。


女の子ちゃんに「神楽坂いかない?」
と言えば、大抵は喜んで付いてきてしまう今日この頃だ。


そんな神楽坂での立ち回り方の一つや二つ、
合コン野郎たろうもの、押えておかないといかんだろう。




というわけで、
初回は神楽坂入門店、かなりメジャーな店であるが
「かみくら」からの紹介だ。




まず、神楽坂という街がなぜ人気なのかと言えば
まるで小京都に来たような、
狭い石畳の路地裏、民家、敷居の高そうな料亭・・・
と言った趣の深さだろう。


そんな、神楽坂の雰囲気を凝縮できている店である。


まず、店にたどり着くまでがエロイ。
次に門構えがエロイ。
次に門をくぐってからも中庭と玄関がエロイ。
店の中も古民家を改築した感じがエロイ。
というわけで、全体的に雰囲気がエロイ。


導入と雰囲気は完璧だと思う。
入ってからはどうか。


全体的にピカピカのスタイリッシュと言う店ではなく、
飽くまで古民家風である。決して汚くはない。
ところどころ、洋風のインテリアも置いてあり、
明治初期の雰囲気が感じ取れる。


また、完全個室の部屋が多く、まわりの視線を
全く気にせずコンパに集中できるところが非常に良い。
基本はテーブル席だ。
じっくり攻める合コンにはもってこいだ。


食事はコースを頼むが良いだろう。
おススメは6,500円のコースだ。
4名で、乾杯酒とワインフルボトルが2本付いてくる。

あまり飲まなければ6,500円で収まる。

料理のコンセプトは
「箸で食べるフレンチ」
だそうだ。


が、味はかなり普通だ。(ってコメント多いなこのブログ)
まずくは無いのだが、大味だった。
特に印象に残っている料理は無い。
雰囲気が文句なしのため、非常に残念だった。



とはいえ、
・入店までの隠れ家感
・入店時インパクト
・入店後雰囲気
・話題性ある街神楽坂
・帰宅後、「あー神楽坂、満喫したわー」
という点が補って余りあるため、
神楽坂初心者の女の子ちゃんとの合コンに対しては
非常にコストパフォーマンス高く使える店だと思う。



昔からとにかく「THE神楽坂」とでもいわんばかりに
メディアに取り上げられる有名店である。
予約がメチャクチャとりずらい。


事前に余裕を持って予約すべし。


健闘を祈る。
食べログ.com

拍手[2回]








神楽坂

↑   by ギネス at 23:09 | comments(0) | trackbacks(0)   このエントリーを含むはてなブックマーク  

プロフィール

HN:
ギネス
年齢:
35
性別:
男性
職業:
IT 広告関連
趣味:
ビール
自己紹介:
ビールばっかり飲んでる根っからのアルコール好き。

いつだって女性を素敵なお店にエスコートできるよう日々エロイ店を探索中。

合コン好きだが、女性に弱く、
勝負にゃ勝てないヘナチョコ野郎。

メールはこちら
↑「@」を一つ削除してください。

マイミク申請、受付けます。
マイミク申請はこちら

twitterはこちら、
shimasuke1982

当ブログはリンクフリーです。

メインコンテンツ(カテゴリ別)

メインコンテンツ(一覧)

RSS・ブックマーク

ブログ内検索

お役立ちリンク

カウンター

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
キャッシング




アクセス解析

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim